インタビュー
INTERVIEW

AAA2017ファイナリスト展いよいよ今週から
インタビュー動画5本を公開

text:Keisuke Ozawa

いよいよ9月23日より、Asian Art Award 2017 supported by Warehouse TERRADA ファイナリスト展がTERRADA ART COMPLEX 4階にて開催される。新作・準新作を発表するファイナリスト5組のインタビュー動画を紹介したい。

谷口暁彦
Akihiko Taniguchi

スマホやPCなど、今や身の回りに溢れかえるデジタルテクノロジーについて、私たちがまだ知らないことはどのくらいあるだろうか。その可能性を追い求める谷口の視線は、人間の知覚や身体とテクノロジーの影響関係をとおして、いつも社会の姿を追っている。

松川朋奈
Tomona Matsukawa

文学を学んでから美術大学で油絵の技法を習得した松川は、同世代の女性から聞き出したエピソードをもとに絵画を制作している。心の奥底に抱えていながらもふだんは決して口にすることのない彼女たちの思いは、絵画というメディアとどう結ばれるのだろうか。

山本高之
Takayuki Yamamoto

小学校教員の経歴がある山本は、子どもたちの視点から、大人たちの世界の偏りや不全さを、ユーモアを交えながら映像インスタレーションで表現する。近年では、インターネット検索に引っかからない過去の出来事に関心を寄せている。そこに向かう動機とはどのようなものか?

山城知佳子
Chikako Yamashiro

写真や映像インスタレーション、映画といったメディアを自由に選びながら、自らが生まれ育った沖縄を表象してきた。近年では、近代国家に抑圧されてきた土地と土地を結びながら、そこで生きる人間の姿を時にアレゴリーを交えながら描き出している。そこで重要になってくる表現の要素とは?

contact Gonzo
コンタクト ゴンゾ

コンテンポラリーダンスと現代アートの領域を行き来しながら、パフォーマンスやインスタレーション作品を発表してきたcontact Gonzo。リーダー的存在である塚原悠也が、contact Gonzoの名の由来、ダンスに対する考え方などについて語る。