概要
Facts

「Asian Art Award supported by Warehouse TERRADA」は、日本からアジア、アジアから世界へと、今後ますます国際的な活躍が期待されるアーティストの支援を目的に創設された現代アートのアワードです。本アワードは、選考会と審査会の2段階の選定を経て大賞を決定します。選考会では選考委員であるキュレーター5名がそれぞれ4名のファイナリスト候補を推挙し、議論を重ね、総計20名の候補から4名のファイナリストを選出。選ばれたアーティストは新作あるいは準新作を制作し、ファイナリスト展で発表します。そしてファイナリスト展開催期間中、国内外のアート関係者ら審査員6名が審議し、大賞と特別賞を決定します。大賞受賞者には、今後のさらなる活躍を期待し、賞金、制作活動場所、そして上海とアートフェア東京2019での受賞作発表の機会が提供されます。現代アートを巡る制作・評価・流通・保存などの複合的な支援体制を整え、国を超えてアジアのアートシーンの「いま」をつくる継続的な枠組みの創出を目指します。

名称 Asian Art Award 2018 supported by Warehouse TERRADA
主催 一般社団法人 アート東京
特別協賛 寺田倉庫
協賛 TERRADA ART ASSIST株式会社
株式会社イープラス
協力 文化庁

大賞 賞金100万円
副賞 上海での受賞作展示 及び 作品制作場所の提供[半年間-1年間]※
特別賞 作品制作場所の提供[半年間-1年間]※
※TAC ART STUDIO (TERRADA ART COMPLEX 2F)

展示巡回
ファイナリスト展 2018年 3月 TERRADA ART COMPLEX 4F(東京)
大賞受賞作品 2018年11月 上海
大賞受賞作品 2019年3月アートフェア東京2019(東京)

展覧会
名称: Asian Art Award 2018 supported by Warehouse TERRADA – ファイナリスト展
概要
会期: 2018年 3月3日(土) – 3月18日(日)
月 – 金曜日 13:00 – 19:00
土曜日・日曜日 12:00 – 20:00
会期中無休 
3月7日(水)は審査会開催のため一般入場はできません。予めご了承ください。
会場: TERRADA ART COMPLEX 4F
東京都品川区東品川 1-33-10 
入場無料
審査員(敬称略)
秋元雄史 東京藝術大学大学美術館 館長・教授/金沢21世紀美術館 特任館長
長谷川祐子 東京都現代美術館 参事/東京藝術大学 大学院国際芸術創造研究科 教授
Joyce Toh シンガポール美術館 キュラトリアルチーム共同代表
尤洋 ユーレンス現代美術センター 副館長
包一峰 ART021 共同創設者
林洋子 文化庁 芸術文化調査官
特別審査員(敬称略)
隈研吾 建築家/東京大学 教授
ファイナリスト選考委員(敬称略) 
小澤慶介 本アワードディレクター/アートト 代表/インディペンデント・キュレーター
金澤韻 インディペンデント・キュレーター/十和田市現代美術館 学芸統括
国枝かつら 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館 学芸員
服部浩之 インディペンデント・キュレーター
山峰潤也 水戸芸術館現代美術センター 学芸員

プロセス
Process

メッセージ
Message

一般社団法人 アート東京は、国内最大級の国際的アート見本市「アートフェア東京」の開催、「日本のアート産業市場調査」の実施など、アートマーケットそしてアートの行方、広くは世界における日本の文化的ポテンシャルの発展を目指した事業を行っております。

本アワードは、国際的な活躍が期待されるアーティストに新しい表現制作・国内外での発表の機会を提供する取組みです。展示、評価、情報発信、流通、保管に至るまで、アーティストと作品の価値を高めることができる企業・機関が特別協賛、協賛、協力に、そして第一線で活躍する専門家が選考・審査に携わって頂きます。

世界の舞台を見据えたアーティストに新たな挑戦の場として本アワードを活かして頂き、その才能が更に周知されるきっかけの一つとなること、また関係者、オーディエンスの皆様と共にアワード自体も進化していくことを目指します。

一般社団法人 アート東京 代表理事
來住尚彦

寺田倉庫は、従来の倉庫業の枠組みを超え、スペースを活用するノウハウを活かして文化発信の拠点となる事業を積極的に進めています。美術品の保管だけに留まらず、保存そして修復をもって「100年の文化を繋げる」を理念とし、事業を行っております。

2回目となるAsian Art Award 2018 supported by Warehouse TERRADAはアートフェア東京2018と同時期での開催となりました。寺田倉庫では、前回に引き続き、受賞アーティストへの制作場所や、東京と上海での作品展示の機会を提供し、本アワードがより一層多くの方々にとってのアートに触れるきっかけとなることを期待しています。関連会社であるTERRADA ART ASSIST株式会社との連携もはかり、アーティストの活動を全面的にサポートしてまいります。

今回も、本アワードによって国内外への新たな文化発信が行われ、日本のアートシーン活性化の一助となるよう願っております。

寺田倉庫 代表取締役
中野善壽

現在、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会を契機に、我が国の文化芸術の魅力を世界へ発信していくことの重要性が益々高まっています。

本アワードは、若手アーティストが日本を基点に世界を舞台に活躍できる機会の創出を目的に、顕彰のみならず国内外への発信に対するサポート、さらにはアートフェア・アートマーケットとも連動するという、これまでにない取り組みであり、現在、政府としても重点を置き始めた「稼ぐ文化」の中核を担うことが期待される国内アートマーケットの成長にも直結するものと考えられます。

今回、第2回目を迎える本アワードが、若手アーティストの登竜門として2020年以降も成長し、我が国が国際的な文化発信拠点として、諸外国との相互理解や国際的な地位の向上へと繋がっていく取り組みとなることを大いに期待しています。

文化庁長官
宮田亮平

一般社団法人
アート東京

一般社団法人 アート東京は、日本のアートマーケットの発展と芸術文化の振興を目的とし、アートに関連する様々な事業を企画・制作しています。国内最大級のアートの国際見本市「アートフェア東京」を主催するほか、日本のアート産業に関する市場調査の実施、アートを切り口に地域の魅力を外国人に紹介するアートツーリズム事業等、アートフェア東京で培ったネットワークを活かし日本のアートシーンの発展に寄与しています。

寺田倉庫

寺田倉庫は1950年の創業以来、美術品、メディア、ワインといった専門性の高い商品の保存・保管技術では国内外で高い評価を得ています。近年は拠点とする天王洲をアートの集積地・発信地とすべく、ミュージアム、画材ラボ、レンタルアトリエの運営、アートアワードの開催といったアート関連事業にも積極的に取り組んでいます。
お問い合わせ
一般社団法人 アート東京
〒106-0041東京都港区麻布台1-9-12 飯倉台ビル4階
TEL:03-5797-7912 / FAX:03-5797-7913
office@asianartaward.com